健康

汗アレルギーの原因は無意識に

こんにちはウインク

感情解放のスペシャリスト 大津美保です照れ

先日ツイートしたカール・ユングの言葉

無意識を意識しない限り、無意識が人生を決めることになり、それを運命と呼ぶことになるでしょう

確かに、私たちの行動の8割?9割?は無意識に支配されていると言われます。

もちろん、全てを意識してする方が大変なので、それはそれでいいことなのですが、いざその行動を変えようとすると・・なかなかできないんですよ〜

オートパイロットとも言われますよねびっくり

例えば、朝起きてどっちの足から歩き始めたか?とか考えても思い出せませんあせる

ある時、「右足から靴を履くとラッキー」(だったかな?)みたいなことが書いてあったので、「よし!やってみよう!」と意気込んでいたのですが・・気がついたら玄関を出ていて、本当に驚愕しました目

これは、もちろん生まれてから自然と身についていて、特に悪い影響は与えないのですが、過去に辛い経験をして、それが原因で無意識に刷り込まれて身体が反応するようになることもあります。

例えば、学生時代に運動部でとてもきつい思いをして、女子だと大量にかく汗が臭いし、あせもにもなるしベタベタしていやだ!と思いながら部活していたとしますよね?

その、「汗ってなんていやなんだ!」「汗=きつかった部活」という方程式が出来上がって無意識に入り込んでしまうと・・部活をやめても汗をかくだけで、嫌と思っていないのに、アレルギー反応を起こしてしまったりするのですえーん

有名なパブロフの犬に似ていませんか?

最初はベルが鳴ると餌が出てきて、それを食べる⇨ベルが鳴ると餌が出る・・美味しいからよだれが出る⇨ベルが鳴るだけでよだれが出る・・

部活で汗をかく⇨部活で汗が出る・・きついし臭くて嫌だ⇨汗が出るだけで嫌だ。

それが無意識に入り込んでいるので、なんでアレルギーが起こるのかわからないし、病院ではもちろんステロイドとか塗るだけ。汗をかくとよくないから皮膚を綺麗にしすぎて敏感になったり、汗をかかないことで他の症状が出たり・・

大事なのは、原因を解放すること

パブロフの犬であれば、ベルと餌のつながりを断つこと。

汗と部活のつながりを断つこと。

それを繋いでいるのが感情なので、その感情を身体から出してしまうこと。

なのです。

その繋がりを断ち切るのにいろんなセラピーがあると思いますが、

タッピングももちろん強力に味方してくれますニコニコ

学校に行くとお腹が痛くなる・・

こんにちは照れ

感情解放のスペシャリスト 大津美保ですウインク

学校が見えると頭が痛くなる・・とか

学校にいるとお腹が痛くなる、実際にトイレに駆け込む、

そして学校を休みがちになる。というお子さん少なくないですよね。

最初は心配してくれていた先生も、あまりに続くと、

「しっかりしなさい。」とか、「精神を鍛えなさい。」などと

酷なことを言ったりすることもありますえーん

今回、学校に行くと、学校が見えるとお腹が痛くなるというお子さんに

タッピングをしました。

このお子さん、腹痛でいくつか病院にも行かれたそうなのですが、

どこでも、精神的なものだから治らないと言われたそうですびっくり

タッピングでトントンして行くうち、学校のことを考えても

痛くなるという思いは減っていったそうなのですが、

0まではいきません。

そこで、「お腹が痛くなって、最悪どうなるのが嫌なの?」

と尋ねましたグッド!

てっきり、

トイレに駆け込むのが嫌だ。とか、

友達に変な目で見られるのが嫌だ。という

答えなのかと思っていたのですが、このお子さんの答えは、

「辛そうな顔をして、迷惑をかけるのが嫌だ。その場の雰囲気を壊したくない。」

というものでした。

優しいお子さんですね〜ラブ

そこで、その部分に合わせてタッピングをしていったところ、

ふと、同級生の顔が浮かんできたそうです。

そのことについて、「どんな顔をしていた?嫌な感じ?それとも・・」

と尋ねたところ、

「これまでもみんなが心配してくれて色々やってくれていたなあと

いうことを思い出した。」とのこと。

そうそう、困った時はお互い様。

誰でも一人じゃないから、お腹が痛くなったら助けてもらってもいいんだよ。

他の人が困っていたら助ければいいだけだよ。

とタッピングしていって、めでたく0になりました爆  笑

そうしたら、すぐに身体が軽〜くなったそうです目

その後、学校に行き始めてからも、お腹が痛くなることは

あったようですが、これまでとは全然軽いし、自分でタッピング

したら痛みも消えたそうです。

それに、タッピングの前に気になっていたことが、気にならなくなって

とても喜ばれていました!

身体に症状が出る時は、感情を抑えこんで、もう自分の感情が

わからなくなっている時。

そんな時に、頑張れ!といっても、感情は麻痺しているし、

身体症状が悪くなるだけですショボーン

それよりも、根っこにある感情を探して、解放することが大事ですね。

 

自分を苦しめているのは自分

今日はEFTタッピング練習会でした。

EFTのやり方を学んだ人が、お互いにセッションをするという

とてもお得な会です(^_−)−☆

EFT(感情解放テクニック)というのは、文字通りいらない感情を解放して

いくものなのですが、感情が解放されると、「身体が軽くなった!」と

おっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

感情もエネルギーですから、自分はダメだとか、怒りを持ち続けている場合、

そのエネルギーが身体に溜まっていき、肩こりや腰痛など身体の重さに繋がります。

今日の練習会の方の場合、「自分に自信がない」というものでしたが、

自分を責める気持ち、自分はダメだと思う気持ちが解放されるにつれて

身体が軽くなり、「背筋も伸びた!」と喜んでいらっしゃいました。

誰かに対する怒りを持ち続けていても、相手にはなんの痛手もないし、

辛いのは自分だけ。

結局、自分を苦しめている張本人は自分、ということなんです。

もしも身体の重さが取れない・・などありましたら、ぜひ感情が

溜まっていないかチェックしてみてくださいませ(^ー^)

 

お問い合わせはinfo@mihokokona.com