健康

人生を変える11の朝の習慣

こんにちは照れ

だいぶ日も長くなって、朝も少しずつ寒さが和らいできましたね。

朝の過ごし方次第では、その日が良い日になるか悪い日になるかが決まってしまう

と言っても過言ではありません。

ここでは、良い毎日を過ごすための11の習慣をご紹介します。

1.早起きをする

これは重要です。なぜなら、素晴らしい朝を過ごすためには、

通常のスケジュールよりも少し余分な時間が必要だからです。

平和や静けさのために夜更かしをしているのなら、

早朝の平和や静けさでも同じように満足できるでしょう。

それに、ご自分の時間を夜遅くではなく、少し早い朝の時間に変える

だけのことです。身体の違いは顕著に現れます。

理想的な起床時間

可能であれば、体内時計に従って起きます。

常用薄明(訳注:日の出の約30分前以降)は起床に最適です。

なぜなら、何かを見るのに十分な明かりがあり、鳥はさえずり、

見たければ日の出を見ることもできるからです。この時間は季節

によって異なるため、実行しやすい季節もあるでしょう。

外出までに1時間半以上の余裕を持たせるといいでしょう。

2.温かいレモン水をコップ1杯飲む

朝一番にコップ1杯の温かいお湯にレモン汁を入れたものを飲むのは、

身体を動かし始めるのに素晴らしい方法です。ブリキ職人の使う油のように、

あなたの様々な内部システムを潤滑に動かしてくれます。

朝一番に身体システムにショックを与えないよう水を温めます。

レモンは消化システムがその後の食事に備えることができるのと同時に、

お湯に味を加えます。酸味を和らげるために蜂蜜を少量加えてもいいでしょう。

水分補給のプロセス

朝起床時には、約8時間水分を取っていないことになります。

だから、状況を好転させ、水分の流れを再度開始することが大事です。

避けたいのは、水分を取らずに1日を始め、朝食や水以外の飲み物をとり、

欲しくなるまで水分を取らないことです。

3.舌を磨く

舌をこする時間を取ることを朝の習慣にすると、一度始めるとやめたいとは

思わなくなります。寝起きの口臭を取ることにもなりますし、毎日、

睡眠から目覚めへ移行するのに必要な若返りのプロセスです。

さらに、歯磨きだけでは取りきれない舌の膜が取れるので、

食物をより味わえるという利点もあります。

適切なスクレーパー

歯ブラシの中には、ブラシ部分の裏側にスクレーパーが付いている

ものがあります。お使いのものについてなければ、スクレーパーが

欲しいと思うでしょう。単なるプラスチック製の三角形をした

スクレーパーもありますし、舌のくぼみに合うように特別なブラシが

付いていつものもあります。また、ステンレスでUの字をしたものでも十分でしょう。

4.ストレッチをする

朝、筋肉を目覚めさせ、一日をスタートさせるためにストレッチを行います。

自分の能力に合わせて常にワークを修正し、自分に心地よいものを見つけます。

意欲があったり、減量したい場合はこの時間を使ってヨガの体操を行ったり、

運動をしても良いでしょう。しかし、現在運動の習慣がなければ、最初は

ちょっとした朝のストレッチから始め、それが習慣になって、ストレッチ

だけでは物足りないと感じた始めた時に、ヨガやそのほかの運動に根本的に

移行することをオススメします。

どのくらいの時間ストレッチをすべきか?

最初に開始した時点では、ストレッチの時間は問題ではありません。

やりたいだけすればいいでしょう。2、3分しかなければ2、3分

すれば良いのです。習慣になったと気づいたら、長時間ストレッチする

ことがなくなり、自然に無理なく決まった時間になっていくでしょう。

5.100回ジャンプする

ミニトランポリンでジャンプすることは、朝の体操として完璧です。

衝撃が0で、身体的な健康レベルがどんな人にも完璧です。

動かすのに空気を入れる必要もありません。トランポリンで軽くジャンプする

だけで効果的にリンパの動きや水の排出を刺激し、甲状腺にも良い働きをします。

これを一日のうち、自分を元気付けたい時に何度か繰り返すこともできます。

エナジードリンクや砂糖やカフェインの入った飲み物を飲まなくても、

元気でいることができます。

身体をしっかりさせる

最初にジャンプした時は、流れに身を任せてる感じがするかもしれませんが、

100回に達したら身体がかなり良い方向に引き締まっています。

これは体内の筋肉、足の筋肉、体幹や上半身に作用しています。

一日を始める最高の方法で体液を流し、目に見えて気持ち良さが実感できます!

6.身体にドライブラシをかける

身体にドライブラシをかけることはアーユルヴェーダの習慣で、

身体の循環を改善し、死んだ古い皮膚細胞を落とすのに役立ちます。

心臓に向かってこするのが必須で、一番外側から始め、内側に向かって進め、

身体全てが終わったらシャワーにかかります。ドライブラシが皮膚に滑らかな

感じを残し、しっかり乾かした後での違いに気づくでしょう。

その滑らかさを保つために後で保湿剤を使います。

どのドライブラシを使う?

皮膚がよく落ちるものを選ぶが、使うのをためらうほど荒すぎるものは使いません。

ヘチマやそのほか肌をよくこすれるようにデザインされたものを選びます。

肌に柔らかすぎるものは役に立ちませんが、柔らかいブラシでも強くこすれば十分です。

7.気分が乗る音楽やオーディオブックを聴く

自分が美しいと思う音楽や、インスピレーションを得たり、

モチベーションを上げてくれる本で朝を始めるのは、

成功するための完璧な準備となります。そうすることで朝が楽しみになり、

一日を迎えるのに適切な考え方を整えてくれます。

過ごしたい一日によって音楽を調整するのもいいでしょう。

することが多い日にはやる気をあげるような曲、ストレスの多い一日

には心が和むような曲など。心は栄養となるような新しい情報に飢えていて、

身体に食事を与えるのと同じように、心にも毎日栄養を与えなければならないのです。

適切な音楽を選ぶ

元気になるような曲を選んでも、オーディオブックを選んでも

それはあなた次第ですが、慎重に選びましょう。音楽は頭に

こびりつくので、それでどうにかなりそうならオーディオブックを聴く方が良いでしょう。

8.グリーンスムージーを飲む

さて、日の出とともに起床し、歯を磨き、舌を磨き、水分を補給し、

ストレッチをし、ジャンプし、肌にドライブラシをかけ、楽しい音楽を

聴きながらシャワーを浴びたら、さわやかなグリーンスムージーで身体に

栄養補給する時間です。スムージーの緑の部分は、朝のエネルギーレベルを

上げるのに本当に役に立ちます。なぜなら、ほうれん草やケール、

そのほか緑の葉野菜は植物栄養素や繊維、ミネラルを補給してくれるからです。

飲んで30分後にどれぐらい気分が良くなっているか確かめてみましょう。

素晴らしいグリーンスムージーのレシピを見つける

緑でないスムージーにほうれん草かケールを加えるだけで作れます。

9.数分間瞑想する

この時点で、本当に幸せな場所にいて、グリーンスムージーが消化システムをめぐり、

これまでのすべての役に立つことがすべて合わさって相乗効果をあげているはずです。

数分間座って精神を浄化するこれ以上の好機はありません。

瞑想に正しい方法はありません。ですから、何か特別なやり方を試してみて、

あまり気に入らなければ自分のスタイルを確立する時期です。

心地よいと感じる体制を選び、音楽が必要がどうか決めます。

たいていは座って静寂に耳を傾けるだけで十分です。

どうして数分間なのでしょう?

瞑想するのにトランス状態になったり、一時間も蓮華座になる必要はありません。

数分間で恩恵を得られ、一日を上向きにする目に見えた変化が現れます。

ここで「数分間」とあいまいにしたのは、「数分」は人それぞれで受け取り方が

違うし、その時間での感じ方も違うからです。

10.鏡で自分に30秒笑いかける

自己肯定間をあげるのに忘れてはいけません。そして一度これが習慣になると、

これまでどうやってこれをやらないでうまくいっていたか不思議になるでしょう。

基本的には本当の「自分の時間」を決めて、鏡に映った自分をみるだけのことです。

これはいろんなレベルで効果がありますが、中心は、自分の後ろで重要な物事を

動かしている大いなる部分と向き合って対話できるようになることです。

確実に笑ってください。大きく口をあける必要はなく、肩をあげて世の中に

あなたがなにができるかを示すように、ちょっと微笑むだけで十分です。

このエクササイズでポジティブな考えがひらめくのに驚くでしょう。

朝の確認

ここで行うことは、基本的に、その日、そして目標を達成するために

決めなければならないことなどをあなたの内面に確認していくことになります。

その日に何が起きようと、少なくとも自分の深い部分に挨拶をし、

勇気を与える言葉をなげかけるのです。

11.その日に行うTOP3を書き出す

もしも多忙な毎日を過ごしているのであれば、日常的にスケジュール漏れの

可能性があります。これを避けるために、その日に一番したいことを3つ書き出して、

確実にやり終えることができるようにします。1日のうちで最重要な3つをやり終える

ことが習慣になれば、自信が身につき、もっと大きなことができるようになります。

面白いことに、そんなに大したことでないと思っていたことも、3つのリストから

外れていてもやり終えることができるか、もしくは手につけるほど重要でないために

徐々になくなっていくでしょう。

3つだけ、それ以上でも以下でもなく

うまくできるようになり、3つから増やし始めると、4つや5つは取りかかれなくなり、

ヤル気を失ってしまうでしょう。1日のスケジュールが大まかに決まっていなくても、

3つのやりたいことに集中すること。そうすれば、少なくとも大事なこと3つは

終えることができたことで気分よく1日を終えることができるでしょう。

自然な方法で脂肪を減らす方法

 

自然な方法で脂肪を減らせたら・・・

誰もが願うことですよね〜☺️

その、魔法のようなことができるんです〜♫

実はEFTタッピングで、

気分の大幅な改善とともに永続的に脂肪が減少できる

という研究結果が出ています!

 

そのカラクリは・・

体内の2つの重要なホルモン
コルチゾールとDHEA

コルチゾールは、しわ、腹部脂肪および認知力の低下と関連しています。

つまり、「老化」ホルモンです。

DHEAはその正反対です。

肌をやわらかく保ち、細胞は若返って、臓器を健康に保ってくれます。

そして、このコルチゾールとDHEAの両方が、同じ2つの前駆体分子から作られます。

コルチゾルが減ると、DHEAが増え、ストレスを感じると、その逆が起こる仕組みです。

つまり、 ストレスは、DHEAを破壊してコルチゾールを増やすことになります。

その結果、

お腹に脂肪がつき、肌にはシワが増え、筋肉や骨量が減ってしまうのです。

この、悪の根源?コルチゾールをEFTが劇的に低下させることが、

大規模なランダム化比較試験で証明され、結果的に

    脂肪の減少につながるのです!

食事を減らしても、運動をしても脂肪が減らない・・・

という方、ぜひEFTをお試しください😃

 

 

がんにつながるストレスを解消する4つの方法

The Truth About Cancer というがん予防法や治療法についての情報サイトで、EFT感情解放タッピングが紹介されていました。

がんの患者さんには、感情的なトラウマを持っていたという共通点があるそうです。そして、その解消法の一つとして紹介されていたのですが、EFTがスーパーラーニングのカテゴリに入るそうです!

以下、翻訳した記事です。

 感情的トラウマはガンの原因となりうるか・・

そしてそれを止める4つの方法

 

戦争、自然災害、愛する人を亡くすこと、DV、貧困、がんの診断、

幼少期からの悲劇的出来事。

こういった事柄や、そのほか多くの状況は、私たちの人生を

「底からひっくり返す」原因となり得るだけでなく、

PTSDのような医学的に診断のつく心疾患の原因にもなり得る。

しかし、感情的トラウマは、未解決のままにしていると本

当にがんの原因になるのだろうか?

答えは、ストレスや感情、がんに関する最新の研究によれば、

絶対的にイエス!である。

感情的トラウマの長期的影響

米国心理学会によれば、トラウマとは、

「極端にネガティブな出来事に対する感情的反応」の事だ。

そのような出来事に対する一時的な反応(いわゆる「ショック」)は、

頻脈やめまい、混乱、無感覚、見当識障害のようなものがあるが、

こういったものは私たちの「戦うか逃げるか」反応システムでは普通のことである。

しかし、問題は、そのような出来事の影響が深刻すぎて、

長期にわたって残ってしまう時である。

以下のような症状があったら、

感情的トラウマがまだ影響しているかもしれない。

・トラウマを思い出すような人や場所、状況を避ける
・出来事や辛かった記憶をふと思い出してしまう
・出来事についての悪夢やフラッシュバックが続いている
・出来事に関係する人を思い出すような人や場所、状況に直面すると苦しくなる
・頭部の外傷や薬とは関係なく、出来事の重要な場面を思い出せない
・自分自身や他人、あるいは社会に対して、ネガティブな思い込みがある
 (例:「私はダメだ。」「男はみんなクズだ。」「世の中は危険な場所だ。」)
・恥ずかしさ、恐怖、怒り、罪悪感、恐れなどにとらわれている
・以前は関心があった活動への参加が減った
・他人と疎遠になる
・ポジティブな感情を感じることができない
・自滅的な行為
・過覚醒やパラノイア(妄想症)
・過剰に驚いた反応
・集中できない
・睡眠の問題
・不安
・無感情
・全体的にとげとげしかったり、いらいらしている
・情緒不安定

医学的なPTSD診断の有無にかかわらず、人生においてトラウマ

となるような出来事を経験しており、その経験で負った傷が

癒されていなければ、がんにつながるような慢性的なストレス

になってしまう可能性がある。

 

慢性的なストレスががんに与える影響

感情的なトラウマが癒されないままであると、身体のシステムは

常に高ストレスの状態となっている。

ストレスは免疫力低下を招き、そして一般的に病気になる可能性が

高まるということが多数の研究結果で示されている。

さらに、数百の研究結果を詳細に調べた結果、

交感神経系(SNS)が慢性的に活性化されていると、

がんの転移を促すことにつながり得ることが示されている。

急性期には、SNSが活性化するが、トラウマとなるような出来事が

過ぎると1時間以内に、身体は恒常的に戻るが、慢性的なストレス下では、

SNSは事実上常にスイッチが入った状態となっている。

この状態では、アドレナリンとノンアドレナリン

の刺激機能が遺伝子記号を変えてしまう

遺伝子の変化は多数の前がん過程を招く恐れがある。

・炎症反応の活性化
・免疫反応の抑制
・がん細胞が死ぬプログラムの抑制
・ナチュラルキラーセルの細胞毒性機能の減少
・がん細胞の血管新生を刺激
・新しいがん幹細胞が生み出される方法の一つである「上皮間葉変換」の活性化

感情的トラウマを癒し、慢性的なストレスを低下させる4つの方法

ダグラス・ブローディ医師は、感情、精神及びがんの関係の理解

におけるパイオニアである。30年近い研究の結果、がんと診断された

大半の人は、同じような心理的傾向があった。ブローディ医師はこれを

「がんの性格プロファイル」と呼んでいる。

その中には、がんの診断の

おおよそ2年前にトラウマや感情的にダメージを受ける出来事の経験

という特徴がある。

そのほかの特徴としては、前述したような長期的な感情のトラウマがある。

強い感情を内側に押さえ込む傾向があったり、

他人と親密な関係を築くのが苦手、

ストレスの強い状況に的確に対処できない、というものもある。

しかし、良い情報としては、感情的なトラウマの傷を癒し、

がんにつながるような慢性的なストレスを減らせる方法はたくさんある。

ここでは4つを紹介しよう。

1.瞑想とビジュアライゼーション

放射線腫瘍学者カール・サイモントン医師と心理学の専門家である

妻のステファニーは「またよくなるーがんを克服するための、

患者と家族のための段階的セルフヘルプガイド」を共著している。

この著書は、人が自分の感情を癒すことで病気の進行に影響を

与えられるかについて書かれたおそらく始めての書籍である。

たくさんの方法の中で、夫妻は瞑想とビジュアライゼーション

ついて述べている。

この本では、瞑想とビジュアライゼーションが寿命を延ばし、

QOLを改善し、中にはがん治療にも役に立ったという症例が

たくさん挙げられている。

最近の研究で、サイモントン氏の著書が裏付けられている。

2015年のカナダの研究では、瞑想をした乳がん患者としなかった

乳がん患者が観察された。

3ヵ月後、瞑想をしていた患者は、しなかった患者よりもテロメア鎖が

長いことが示された。テロメアはすべての細胞染色体の末端にあり、

遺伝子情報の完全性を保護している。テロメアが短くなるのは、

加齢やガンのような疾患と関連していることが多い。

2.感情の傷を癒す

深い感情的な傷を、セラピーや催眠のようなプログラムで癒していくと、

特に幼児期に起こった感情的なトラウマの長引く影響を癒すことにつながる。

ポジティブであれネガティブであれ、過去の体験は、大人である今の、

外の世界との関わり方を形成している。

この信念体系は変えることができるが、それは、最初に信念体系が形作られた

潜在意識レベルに働き方けたときだけである。

「トークセラピー」は、出来事の影響力を理解したり、

ビジュアライゼーションのような方法と組み合わせると、

健康的でない習慣を止めるのにも役にたつ。

シルバメソッドもこのプロセスを速めることができる。

3.EFT

新物理学のパイオニアであり、「思考のすごい力」の著者である

ブルース・リプトン博士は、感情解放テクニック(EFT)、

経絡タッピングについて、「スーパーラーニング」のカテゴリーに入る

考えている。

これは、EFTが(ツボをタッピングすることで)運動感覚レベルに

働きかけると同時に口に出して文章を言うことで、とても速い結果を

出せるからである。EFTは他の手法の補助としても、

単独で不安やストレスレベルを迅速に低下させる方法としても理想的である。

4.運動

定期的な運動と、ストレスホルモンの調整とには、直接的な関係がある。

数多くの研究結果では、動物が繰り返しストレスにさらされ、それを

肉体的に放出できないと、急速に病気が始まるということが示されている。

しかしながら、動物が肉体的にストレスを解放できると、身体へのダメージは

最小限になる。また、研究では、ウオーキングやジョギングを定期的に

している人は、信念体系が柔軟で、自己受容や自信、自己責任力も高く、

抑うつになりにくいことが示されている。

感情的なトラウマを癒すと、ガンのリスクを減らすことができる。

トラウマを癒すのにどんな方法を使っていても、頭に止めて欲しいのは、

それを定期的、ベストは毎日の習慣にすることである。

感情を持ち続けるのではなく、簡単にスルーできる能力は、

強くなるために毎日訓練する「筋肉」に似ている。

自分のインナーワークの結果が出るまでには多少の時間はかかるかもしれないが、

確実にわかるようになる。

そして結果が出た時、生活の状態や健康が顕著に改善されていることに気づくだろう。