健康

脳の老化を防ぐ秘訣②

http://mihokokona.com/regrowbrain/前回の続きです。

最新の研究でも、女性の死因の上位にあった心臓病に、アルツハイマーや

認知症がとって変わろうとしているそうです。

ますます、脳の健康に気をつける必要があるようです。

脳の老化を防ぐには・・・

7.カフェインとアルコールを避ける。

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%ef%bc%94

適度のアルコールでも、ニューロン再生は40%も減少し、BDNF(脳由来神経栄養因子)
も同じように減少する。青年期にアルコールを大量摂取していると、成人後、
ニューロン再生やBDNFに大きな影響をもたらす可能性がある。
カフェインについては、認知できないくらい少量でも、ニューロン再生や記憶力の低下を

招く恐れがある。カフェインは出来るだけ少量にするか、できれば全く取らない。

数週間すれば、どんなに効果があるかわかるでしょう。ビタミンB5やB12には

精神活性作用があるので、オススメ。

8.亜鉛、ビタミンA、チアミン、葉酸(B1とB9)が不足しないようにする

不足するとニューロン再生が遅くなる。

9.噛みごたえのある食物を食べる。

%e5%99%9b%e3%82%80

アイスクリーム、加工食品、プリン、ゼリー、マッシュポテト、

火を通しすぎた野菜、バナナのような柔らかい食べ物はニューロン再生

を減らし、流動食は新しい脳細胞の生存に影響する。噛みごたえのある

ものを食べているとニューロン再生やBDNF、記憶力が増える。

10.運動(少し息がきれるぐらい)

 

有酸素運動はニューロン再生に最適と、動物実験では証明されている。

ランニング、早歩き、サイクリング、ダンス、水泳、水中歩行、

エアロビクス、サッカー、テニス、ハイキングなど、どのような運動であっても、

呼吸が速くきついと感じれば有%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%92%e3%82%99素運動であり、ニューロン再生を減らし、

神経幹細胞を眠った状態にしてしまうBMP(骨形成タンパク質)を減らしてくれる。
有酸素運動は心臓の動きを加速し、より多くの血液が身体を駆け巡る。

血流の増加はニューロン再生に必須

新しい脳細胞の成長には十分な血液が必要である。神経画像で血液の流れの
増加が見られると、ニューロン再生が行われているということになる。
有酸素運動は血流の増加の他にも効果がある。抗炎症、抗酸化、そして

ホルモン変化、この3つが脳機能を高めてくれる。中年に有酸素運動を始めると、

加齢に伴うニューロン再生の減少を食い止め、BDNFレベルを高め、

記憶力を維持することができる。

米国で最近高齢者に行われた研究では、遺伝子検査でアルツハイマーのリスクが
高い人は運動することで予防でき、運動しない人に比べて、記憶力の低下や海馬
の収縮を防ぐことができた。

11.スーパーフード

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc

ブルーベリー

ビタミンE

オメガ3脂肪酸

緑茶

クルクミン

コジベリー(クコの実)

グレープシードエキス

イチョウの葉

ケルセチン
リチウム

脳の若さを保つにも、やっぱり食事、運動、ファスティングなんですね〜♪( ´▽`)

私は数年前からジョギング、そして最近週1でフラも始めたのですが、

健康だけでなく脳にもいいとなると、ますますやる気が出てきます(*^^*)

ただ、運動は無理のないようにするのが特に大事なようですので、

身体と相談して続けていこうと思います。

脳の老化を防ぐ秘訣①

子供

 

加齢による認知機能の低下は避けられないと以前は考えられていましたが、

最近の研究では、いくつになっても脳細胞は再生できることがわかっているそうです。

そして、脳の健康を保つ秘訣は・・・

%e9%87%8e%e8%8f%9c

 

1.新鮮な果物と野菜をたくさん食べること 😀 

2.高品質の油

・オメガ3

・一価不飽和脂肪 (エキストラバージンオリーブオイル、アボカド、ナッツ、種子)

・中鎖脂肪酸トリグリセリド (エキストラバージンココナッツオイル)

・飽和脂肪(牧草飼育の家畜、放し飼いの鶏卵、牛乳、ヨーグルト、チーズ)

健康的な油として群を抜いているのが

エキストラバージンココナッツオイル

これは、かなり進行したアルツハイマーの患者にも有効だそうです!

ココナッツオイルはどの温度でも酸化しないために調理油としても優れていて、

バターや精製バター(ギー)も植物油の代わりに使えるそうです。

それから、

3.酸化した油脂の使用を減らす。

穀物飼育の牛肉、水銀の蓄積された魚

(メカジキ、マカジキ、アマダイ、サメ、 キハダマグロ、メバチ)、

オメガ6の多い魚(ティラピア、養殖魚)、

トランス脂肪酸やエキストラバージンオリーブオイル

以外の植物油を減らすかやめる。

4.糖と炭水化物を減らす

高血糖はニューロンの再生が急激に低下する。

すべての炭水化物はグルコースに変換される。小麦粉も全粒小麦粉も

同じぐらいの時間で糖に変わるが、全粒小麦粉の方が良い。

じゃがいもや米、ヤム芋などでんぷん質の野菜はGI値が高く、

果糖の多い果物(マンゴー、桃、プラム、柿、バナナ、ぶどう、

ライチ)は控えめに食べること。

ドライフルーツはほぼ糖分だけなので避けるべきで、

果汁のジュースや人参ジュースも含まれている

糖分は炭酸飲料と変わらないためやめた方が良い。

%e9%87%8e%e8%8f%9c%ef%bc%92

代わりに食物繊維の多い食べ物(カボチャ、ベリー、人参、さやまめ、

ケール、ブロッコリー、カリフラワー)を食べる。なぜなら、

身体は食物繊維を分解し、糖に変換する時間が必要で、その時間差によって、

糖やインシュリンの急上昇が抑えられる。

5.食事と食事の間隔を長くし、断続的なファスティングをする

(早めの夕食と遅めの朝食にすれば、12時間〜14時間の

ファスティングとなる)食間が長くなれば、神経成長因子である

脳由来神経栄養因子(BDNF)が増え、ニューロン再生率が高まり、

インシュリン感受性が高まる。断続的なファスティングは、認知機能の

低下に関係のあるメタボリックシンドロームの改善にもつながる。

まだまだ秘訣はあるのですが、続きは次回に〜♪( ´▽`)

 

食欲不振や夏の疲れにコンニャク湿布

朝晩、ようやく涼しくなってきて、夏休みももう終わりに近づいていますが、
暑さでお疲れ気味の方、いらっしゃいませんか?

冷房で身体を冷やしすぎたり、冷たいものばかり食べていると、なんだか
だるかったり、食欲もなかったりということがあるかもしれません。

アイス

冷たいものが多くなると、内臓に負担がかかって疲れてしまうと言われます。

そこで、オススメなのが コンニャク湿布

東城百合子先生の著書 「自然療法」にあります。

コンニャクをグツグツ温めて、それをタオルでくるんで肝臓と腎臓の位置に乗せるだけ!

・食欲不振
・疲れがとれない
・目の疲れ
・風邪のひき始め
・咳が止まらない

などなど、いろんな症状に効果あります!

肝腎要(かんじんかなめ)と言われるほど、解毒など大事な機能を担ってくれているので、
コンニャクを乗せてしばらくすると、肝臓からキュルキュル〜という音が聞こえたりします 😀

肝臓が喜んでくれてるのかなあ 🙂

疲れが溜まっていると、途端に眠り込んでしまいますし、腎臓が温まることでお小水の出がよくなったり、それに、内臓が温まることで、食欲も出てきたりします!

まだ子供が小さかったころ、夏に食欲の落ちる子供たちにコンニャク湿布をして、驚くほど食欲が戻った記憶があります。

コンニャク
もちろん、風邪のひき始めにもいいし、肺は腎臓と関係があるので、咳が止まらない時にも効果ありますo(^▽^)o

それから、肝臓は目と関係があるので、疲れ目の時は、ぬるくなったコンニャクを目に乗せると温湿布になって、本当に気持ち良く眠れます!

本来はコンニャクを使うのですが、何度も使うと途端に固く小さくなってしまうので、私はもっぱら巾着袋に玄米を入れて、レンジでチンしています!

玄米がない方は小豆でもいいそうですよ♪( ´▽`)

ぜひ一度お試しくださいね〜🎶