古神道

振動数を高める古神道ワークショップ

昨日、今日は古神道ワークショップでした爆  笑

昨日は鎮魂禊行法。

行法とは言っても、古神道は滝行や荒行などのように

無理はしません笑い泣き

矢加部先生曰く、

滝行なんて何が落ちて来るかわからないし、冬なんて

寒いから余計危ないし目

なんて現実的グッド!

そもそも、古神道の考え方からして、

欲はあってもいい爆  笑

どっかの宗教のように、

無欲になれ とか 煩悩を捨てよ

などとは言わないんですよね。

そもそも、生存のためには欲が必要で、ただ、欲が暴走して

お金がなくなったらどうしよう・・とか

病気になったらどうしよう・・など魂が時空を超えてあちこちに

飛び散りがちなので、それが気がかり=気枯れ=ケガレにつながるのだけど、

それも否定せず、それに気づいたら

ただ元に戻せばいいのだそうですラブ

肯定も否定もしない

グラグラしてもフラフラしてもいいんですてへぺろ

グラグラしないように力を入れる(=気がかり)のではなく、

グラグラしたら戻せばいい。柳や竹がしなって戻るのと同じですね。

そして古神道は 中今の思想 と言われるそうで、

永遠に今を生きる ことを心がける。

今という字にいまはなく、まの字過ぎればいの字過ぎ行く

そして、行はただひたすら繰り返す。何かを目的にするのではなく、たとえ何かが見えたり、聞こえたりしても、それに固着するとエネルギーが閉ざされるので、ただあるがままに繰り返す。

平凡な毎日を繰り返すように。

何しろ、何かが見えたり聞こえたりということを無視しないと

・・・魔道に堕ちると言われているのだそうですガーン

平凡なことを繰り返すことが一番難しいのかもしれませんが、

それが生きるということなのだとか。

なんのために生きるのか?

それは生きてみないとわからない爆  笑

ついつい、何かをしなければ、何かを達成しなければ、試験に合格しなければ、勉強しなければ、成長しなければ、と思いがちですもんね。

でも、ただひたすら続けていくことで、あるとき気づいたら始めた頃とは違っているとか照れ

私も、この鎮魂禊行法を繰り返し、昨日はナント!

一つの節目である七座満行し、祝詞を上げていただきました爆  笑


確かに、最初の頃に比べると、慣れもありますが、

落ち着いた心持ちで行をできるようになってきたかな。

そして、現代人は振動数が落ちているので、こうやって

わざわざ禊行法をしないといけないそうなのですが、この行法は

しっかりと身体を動かしますグッド!

なぜなら、今は情報過多で頭(=上丹田)でばかりやることが多く、下丹田、つまり剛体(身体)ができていないから。

身体を動かすことでグラウンディングになり、中丹田がしっかり

するようになるのだそうです!

そういえば、私のやっているタッピングも、カウンセリングのように頭の中で完結するわけではなく、ツボを叩いて身体にも働きかけますウインク

だから、効果の出方も違って来るのかもしれませんラブ

これからもただひたすら行法を続けて・・・

次回の節目、十四座満行を目指します〜(*^◯^*)

ちなみに今日は弁財天ワークショップ照れ

こんな神籬を自作して、弁財天のありがたいエネルギーに包まれました!

温かい光のような感じがしました照れ

この弁財天のワークはヒーリングにもなるそうで、

実際に耳鳴りが治った方もいらっしゃるそうですびっくり

古神道ワークショップでお聞きするお話は、

毎回新鮮で興味深い内容が満載ですラブラブ​​​​​​​

言霊で神意をいただく、言霊占い

昨日は固定メンバーで定期的に受講している古神道の
「言霊修道士 中伝講座」でしたウインク
{99F5819E-256C-46B1-8FEE-28667CFBA90B}

今回で中伝講座は満了し、修了証とともに、初伝講座を開ける資格もいただきましたびっくり

{A2842BB7-B798-45A1-AA58-8E85ED7C891E}

それから、浄心法と言って、身体の内側と外側両面を浄化していく方法を

教えていただいたり、極めつけは、言霊占いラブ
ナント、この占法は矢加部先生が復刻されたもので、
テーマに対する神意を問うもの。それをこの神考木(かんざき)
という神具を使って言霊をいただきます。
神考木というのは、神迎木という意味で、
考え(かんがえ)は神迎(かみむかえ)のことだとかラブ
{BA1B8143-6579-4A04-8F98-EDB9397FC67A}

言霊で神意をいただける。オーダーメイドのおみくじみたいな感じでしょうか〜❤

{B8DC76B7-0CFB-4924-8B75-7B54F7E6BCCC}
次回から言霊修道士 上伝に進みますてへぺろ
お問い合わせはinfo@kokona.com もしくは

第1チャクラを開く禅密気功講座

 

昨日は、隔月で参加している古神道講座でした爆  笑

 

 

今回は、禅密気功ワークショップ目

 

気功はかなりポピュラーですが、実は二種類あるのだそうです!

 

一つは道教系の仙人や仙道が使っているもの。

 

もう一つは、仏教系で、悟りの方便として使われる、天人合一を

目指すもの。

 

今回の禅密気功は後者で、何ができるというよりも、

自分の生命エネルギーを高めて宇宙と一体になる感じ。

 

禅密では、背骨が生命の根幹と言われているため、

常に背骨を意識します。

 

そして、大事なのは、密拠(みっしょ)と呼ばれる、

女性であれば会陰の部分と、

慧中(けいちゅう)と呼ばれる額の部分を緩めて開くことビックリマーク

 

密拠は古くから鉄の門とか万屋不開とも呼ばれるほど、

緩めるのが難しいとのこと。

 

確かに、急所みたいなものですから、緩めるのは

不安ですよね。

 

でも、その不安は実は必要ないし、密拠は生命エネルギーの

泉、根源なので、緩めることで生命エネルギーを使いこなせるように

なるのだそうです!

 

そして、密拠と慧中は繋がっているので、密拠を緩めると

慧中も開きやすくなるとかびっくり

 

よく、第三の目を開くために、そちらばかりを注目して瞑想したり

することが多いですが、実は密拠を緩める方が効果的なのだそうです!

 

 

昨日は1日かけて立っているだけで気功になるという

気功態(正しい立ち方)をやったり、エネルギーを身体に巡らせる

動きをしたり。

 

動き自体は激しいものではなく、むしろゆっくりとした静かな

ものだったのですが、日頃使っていない部分、痛みが怖くて

動かしていなかった部分がこんなにあったのか!というほどで。

 

近頃はやりの筋膜リリースをやっていた感じてへぺろ

 

さらにエネルギーが回るので、眠い眠い笑い泣き

 

最後は自分のエネルギーを身体に回して、宇宙の光と

一緒になるところまでやりましたラブ

 

 

この気功は立っていても、座っていても、寝ていても

いつでもどこでもできるもので、これから活用できそうです。

 

そして今朝、ご無沙汰のものがやってきてさらにビックリ!

 

まさに第1チャクラが開いて滞っていた性エネルギーが

解放された感じですね〜照れ

お問い合わせはinfo@mihokokona.comもしくは