古神道

言霊で神意をいただく、言霊占い

昨日は固定メンバーで定期的に受講している古神道の
「言霊修道士 中伝講座」でしたウインク
{99F5819E-256C-46B1-8FEE-28667CFBA90B}

今回で中伝講座は満了し、修了証とともに、初伝講座を開ける資格もいただきましたびっくり

{A2842BB7-B798-45A1-AA58-8E85ED7C891E}

それから、浄心法と言って、身体の内側と外側両面を浄化していく方法を

教えていただいたり、極めつけは、言霊占いラブ
ナント、この占法は矢加部先生が復刻されたもので、
テーマに対する神意を問うもの。それをこの神考木(かんざき)
という神具を使って言霊をいただきます。
神考木というのは、神迎木という意味で、
考え(かんがえ)は神迎(かみむかえ)のことだとかラブ
{BA1B8143-6579-4A04-8F98-EDB9397FC67A}

言霊で神意をいただける。オーダーメイドのおみくじみたいな感じでしょうか〜❤

{B8DC76B7-0CFB-4924-8B75-7B54F7E6BCCC}
次回から言霊修道士 上伝に進みますてへぺろ
お問い合わせはinfo@kokona.com もしくは

第1チャクラを開く禅密気功講座

 

昨日は、隔月で参加している古神道講座でした爆  笑

 

 

今回は、禅密気功ワークショップ目

 

気功はかなりポピュラーですが、実は二種類あるのだそうです!

 

一つは道教系の仙人や仙道が使っているもの。

 

もう一つは、仏教系で、悟りの方便として使われる、天人合一を

目指すもの。

 

今回の禅密気功は後者で、何ができるというよりも、

自分の生命エネルギーを高めて宇宙と一体になる感じ。

 

禅密では、背骨が生命の根幹と言われているため、

常に背骨を意識します。

 

そして、大事なのは、密拠(みっしょ)と呼ばれる、

女性であれば会陰の部分と、

慧中(けいちゅう)と呼ばれる額の部分を緩めて開くことビックリマーク

 

密拠は古くから鉄の門とか万屋不開とも呼ばれるほど、

緩めるのが難しいとのこと。

 

確かに、急所みたいなものですから、緩めるのは

不安ですよね。

 

でも、その不安は実は必要ないし、密拠は生命エネルギーの

泉、根源なので、緩めることで生命エネルギーを使いこなせるように

なるのだそうです!

 

そして、密拠と慧中は繋がっているので、密拠を緩めると

慧中も開きやすくなるとかびっくり

 

よく、第三の目を開くために、そちらばかりを注目して瞑想したり

することが多いですが、実は密拠を緩める方が効果的なのだそうです!

 

 

昨日は1日かけて立っているだけで気功になるという

気功態(正しい立ち方)をやったり、エネルギーを身体に巡らせる

動きをしたり。

 

動き自体は激しいものではなく、むしろゆっくりとした静かな

ものだったのですが、日頃使っていない部分、痛みが怖くて

動かしていなかった部分がこんなにあったのか!というほどで。

 

近頃はやりの筋膜リリースをやっていた感じてへぺろ

 

さらにエネルギーが回るので、眠い眠い笑い泣き

 

最後は自分のエネルギーを身体に回して、宇宙の光と

一緒になるところまでやりましたラブ

 

 

この気功は立っていても、座っていても、寝ていても

いつでもどこでもできるもので、これから活用できそうです。

 

そして今朝、ご無沙汰のものがやってきてさらにビックリ!

 

まさに第1チャクラが開いて滞っていた性エネルギーが

解放された感じですね〜照れ

お問い合わせはinfo@mihokokona.comもしくは

効果絶大の古神道ワークショップ

昨日は、矢加部幸彦先生の古神道「本格禊鎮魂」ワークショップでした。

なんと、このワークショップは滝行よりも効果があるそうで、

東京ではヴォイスの主催でも開催予定だとか!

古神道にもいろんなワークや修法がありますが、

そもそも鎮魂ができていなければ、その効果も薄いとかΣ(・□・;)

魂がいろんなところに飛び散って、気がかりが多ければ、

いくらアファメーションを唱えても引き寄せは起こりません・・

それは古神道に限らず、どんなセラピーやヒーリング、ボディワーク、

瞑想・・・全てに通じます。

そして、昔から禅病という言葉があるそうで、今では

スピリチュアルエマージェンシーと呼ばれるそうですが、

瞑想など頭の中だけのワークでは、逆に精神的に不安定に

なることも多いようで、このワークショップでは、天の鳥船

を漕いだり、音霊を発したりと、肉体も使っての鎮魂をしていきます。

ですが・・・よくあるワークショップやセミナーのように、

これを受講したからといって何かを得られるとか、何かになれるとか、

目覚める。ということは全くなく、むしろどんどんなくなっていって、

ありのままの素のままの自分、”What I AM”になっていくのだそうです!

この鎮魂禊は一度ではもちろん足りないので、私は今回が3回目の

参加だったのですが、気がついたらなんとベテラン組に入っていて、

恐れ多くも祝詞奏上の先導役を仰せつかりました(^◇^;)

みなさん、それぞれにいろんな感想をお持ちだったのですが、

私は光も回を重ねるごとに明るくなった気がしましたが、

今回は最後の音霊の時に頭痛がしていました(^_^;)

矢加部先生曰く、何かつまりがあるとそうなるとのことで、

脳のつまりが浄化されたんでしょうか・・・

また次回の体験が楽しみです☺️