感情解放

子供の頃の感情に支配されている?!

こんにちは照れ

感情解放のスペシャリスト 大津美保ですウインク

昨日のランチ会でのタッピングおねがい

もちろん、どなたも目の前の問題についてトントン

したのですが・・・

お一人は「写真が苦手」ショボーン

「写真」と聞くと、身体全体で拒否してしまうので、

結婚式の集合写真さえ撮れないのだそうですえーん

お話を掘り下げていくと・・

中学生の頃、先生のパワハラで太ってしまった

自分の写真を見たショックから苦手になったそうで、

そのころの記憶にタッピングすると・・

妹とならいいかも!と思えるようになったそうです音譜

別の方は、甲状腺が悪くて、代謝も悪いのにタッピングしてほしいと。

「甲状腺は言いたいことが言えない時に悪くなると言われています」

と伝えると、確かに、子供の頃のショックな出来事以来、表現できなくなった

そうですえーん

そして、そのころの感情にタッピングすると・・・

子供の自分がとても喜んでジャンプしてます!とのこと口笛

今回のお二方はどちらも原因が先生だったんですよね・・・パンチ!

教育者の責任は大きいですね〜叫び

それにしても、子どもの頃の感情が残っていることで、

こんなにも今の生活に影響を与えているのかと再認識しましたびっくり

お問い合わせはinfo@mihokokona.comもしくは

お母さんが許せない!

 

今、目の前の問題は子供時代に思考の発達していない子供の脳で感じ、考えたことをその後何十年も無意識に自分で背負ってきたことが原因のことが少なくありません。

例えば、私も自分の子供が宿題をせずに遊んでいるのを見て、いつもイライラしていました(^_^;)「行くまでにすればいいんでしょ!」という子供の言葉に、「そうなんだよなあ。でもなんでイライラするんだろ?」と思っていました。

 

育児書なんかでは、「5秒待って」とか「深呼吸をして」と書いてありますが、それをする前に、気づいたらイライラしていました・・

それが、自分の子供時代に感じたこと、そしてそれから無意識に引きずってきた自分へのメッセージをタッピングで解放した途端、イライラすることがなくなりました!

もちろん、だからと言って子供が勉強するようになるわけではありませんが・・

 

先日のセッションでも、子供時代の自分を癒したり、愛したりはできても、お母さんは許せない!とおっしゃっていました。

そして、タッピングを続けて行くうちに・・・子供のころお母さんに抱いた感情、そしてそれから自分に課していたメッセージに気づかれ、スーッと楽になられました。

それと許せるかと言うのはまた別ですが、少なくとも子供のころから持ち続けていた怒りは解放でき、本当に楽に生きられそうと話されていました。

誰かを許せない、と言う思いや怒りを持ち続けると言うのは、その相手に届かないばかりか、自分を苦しめるだけなんです。

過去にずっととらわれ続け、そのために同じようなことが今の目の前にも起こりやすくなります。

untitled

別のセッションで、「ご主人に自分の趣味の費用の話をするのが嫌」と言う方がいらっしゃいました。タッピングをして行くうちに、子供時代にお母さんからお金がないと言う話をたくさん聞かされ、それからお金を出して欲しいと言いづらくなったと気づかれました。

今、何か悩んでいる、辛い気持ちをお持ちであれば、もしかしたら過去と繋がっているかもしれません。

それに気づいたら、手放して見てください。タッピングはご自分でもできますので、騙されたと思って(^^;;お試しください^_−☆

こちらのサイトで無料マニュアルや動画も入手できます。

もちろん、セッションや講座も行っています。

お問い合わせはinfo@mihokokona.com

もしくは

他人の言葉に傷つくのはなぜ?

日々、家庭や仕事、友人などとの付き合いの中で、

相手の言葉に傷ついたり、イライラしたり、むかっとしたりムキー

すること、ありますよね〜ショボーン

そんな時、もちろん、タッピングなどで

その気持ちを解放して行ったり、多くの場合、我慢して溜め込んだり・・

するのではないでしょうか。

 

でも、なぜそんな気持ちが起こるのか・・というと、

自分がそう思っているから!

なのですびっくり

例えば、散らかった部屋を見て、ご主人に

散らかってるぞ〜!

と言われたら、誰しも、

言われなくてもわかってる!

私だって疲れてるし忙しいのよ!

それに気がついたら自分が片付ければいいじゃない!

と思いますよね?

そこです!

言われなくても自分がわかっていることを言われるから

頭にくるんですえーん

 

そして、なぜそこに反応するかというと、

片付けていない自分が嫌だから。

自分で自分を認めていないから。

なんで私はこんなにできないんだろう・・・

片付けができない私はダメだ・・・

いつもこうだ・・ショボーン

と思っているから、相手のほんの一言に激怒したり、激しく落ち込んだり・・

まさに炎上!ですねメラメラ

 

そしてそう自分を責めてしまう原因は、幼少期に、

親や先生、友人など自分以外の人たちから認めてもらなかったこと。

そうではなくても、空気を読むというか、例えば親が不機嫌にしているのも

自分のせいだと思うようになるくせがあることが多いので、

そもそも自分はダメだと何十年も思い込んでいるんですよね。

スピリチュアルでいうインプラントでしょうか目

なので、相手の言葉に振り回されない一番のカギは、

自分で自分を責めないこと!

そして、振り回した相手から見た時のお話は次回に照れ

お問い合わせはinfo@mihokokona.comもしくは