感情解放

自己肯定感は高ければ高いほどいいの?

子供の自己肯定感は高い方が、その後の行動や自信につながると言われます。

そして、トラウマを持たせたくないと思い、あまり叱らず、褒めたり、子供の意見を尊重しようという親ごさんが多いと思います。私もそうなのですが、自己肯定感は高ければ高い方が良いのでしょうか?

自己肯定感が高すぎるといじめっ子になる

といわれています。

自己肯定感が高すぎると、自分の意見を聞いてくれるのが当たり前なので、他の人たちが反論したり、自分の意見が通らないと、自分の感情を抑える練習ができていないので、キレたり、ついカッとなって暴力に訴えてでも意見を通そうとする可能性が高くなります。

自己肯定感が高すぎると将来的に良い人間関係が築けない

可能性があります。

なぜなら、ある時期まで親や先生、友人からチヤホヤされたり、持ち上げられたりしていると、ある時にそうではない人と出会うと、「こんなはずではなかった」ということになりかねません。

いろいろな嫌な気持ちや、自分の望みや思いを我慢することは、子供時代に経験していないと、世の中自分の思い通りになるものだと無意識に刻み込まれてしまうのです。

EFTでは主に幼少期のネガティブな感情を解放していきますが、ネガティブな感情がない場合、感情を解放するとうよりは、自分の思い通りにはならないこともあるというふうに考え方を変えていく日必要があります。

自己肯定感が高すぎると反省できない

たいていの人は、何かあると自分が悪いと過度に自分を責めてしまうのですが、自己肯定感が高いと、まさか自分に非があるとは思えず、人を責めるばかりで、反省したり自分を変えることもできなくなり、結果的に周りから人が離れていくことになりかねません。

大事なのはバランス

何事もバランスが大事です。子供の意見を尊重するのはとっても大事ですが、まだ判断能力の育っていない子供の意見を聞きすぎると、単なるワガママに育ってしまいます。

なので、必要な時は子供に話をして、理由を伝えてその意見は聞けないということを納得させ、時には自分の意見を我慢したり、適度に変えたりする練習をさせることが、将来的には良いコミュニケーション能力を育てることにつながります。

以前、大学の講師をされている方とお話をした際、最近の学生は親から叱られることが少ないので、大学で叱られても、自分に非があることがわからなかったり、逆ギレされたりするのだそうです。反省することができないのだそうです。この話を聞いて、やはり叱るべき時には叱らないと、大きくなって困るんだなと考えさせられました。

とは言え、褒める、叱る、我慢させる。などのバランスはなかなか難しいですね。

子供と一緒に親も試行錯誤で育っていくのかもしれません。ギリシャ

 

怒りの5段階❷怒りを有効活用するとは・・?

ダライ・ラマ

無意識は意識より0.5秒速いと言われます。

そして、怒りを感じるのは、だいたいにおいて自分の中にその火種があることが多いです。

だから、同じ状況で怒る人もいれば、まったく何の感情もわかない人もいます。

そして、その火種は、幼少期にできた場合が多いのです。

私自身、子供が勉強せずに遊んでいると、5秒待つこともなく、気が付いたらイライラしている・・・という状況が多かったのですが、それが、幼少期から引きずってきた感情をEFTで解放した途端、同じ状況でも何の感情も起こらなくなりました♪( ´▽`)

これまでのレベル1、2までの怒りは無意識に引き起こされている場合が多いので、EFTで解放することでレベル3に進むことができます!

レベル3 怒りを感じていて、認識しており、表すこともできる。

時々爆発して、後悔する。このレベルでは、怒りの対処法があることがわかっていて、自己変革の可能性がある。なぜなら認識できていればセルフコントロールの可能性が大きいからである。イライラの始まりがわかり、怒りを爆発させないようなスキル(10数えるなど)を使うことも出来る。

レベル4 怒りが存在しない。超成熟の状態。

怒りが引き起こされるような状況でも、怒りが自動的に起きることが無い。しかしながら、怒りをなくすことと、行動をなくすこととは同じではない。怒ることは無いかもしれないが、不正な人や傷つける人、その他挑発的な人に対しては、誤解を解いたり、その行為をやめさせる。ダライ・ラマが述べているように、「行動に怒りは必要ない。」

レベル5 怒りは従僕である。

怒りを消し去ることは達成されたとしても、怒りにはある一定の利点がある。怒りは我々に行動を起こすだけのエネルギーを与える。特に、めったに怒らない人が怒ると、効果は絶大である。怒りをポケットに忍ばせておいて、不正が行われたりなど、適切な時期に怒りを道具として使う。

 

レベル4やレベル5の状態になるのは、かなり難しい感じがしますが、こういう使い方もアリなんですね 😉

 

 

怒りの五段階

最近よく耳にする アンガーコントロール

今日は、その怒りをコントロールして行く段階についてグッド!

レベル1 怒りを無意識にぶつけてしまう。
自分は悪くなく、他人が責められるべきである。」

レベル2 怒りを抑えている。(世間体や脅しで、怒るべきではないと思い込んでいる)ほとんど表に出すことは無く、レベル1と同様、怒りは意識されていない。
「怒りを感じたことはありません。」とは言うものの、怒らない代わりに皮肉を言ったり、冗談で表現したりするが、時々抑えきれず爆発する
怒り
私自身、怒りはたとえ持っていてもそれをそのまま表してはいけないし、自分の中に抑えられることがオトナなんだ!と思っていました叫び

ですが、以前もご紹介したことのある魂の法則でも、その段階はまだまだ・・・なんですねダウン

確かに怒りを表現せずに内側に抱えていると、時に爆発したり、「名もなき毒」となって肉体や心を蝕むことになりかねませんドクロ

次回は、そのレベルの次の段階をご紹介しますニコニコ