日々のこと

愛する人を亡くすとき

去年は、著名な方がたくさん亡くなりました 😥

それは本当に悲しいのですが、

肉親や大事な人をなくすというのは、次元が違う気がします。

私は17年前と11年前に大事な人を亡くしました。

それぞれ20代、30代の若さで、しかも事故で即死だったので、

衝撃は計り知れなかったです・・

最初に亡くした時は、肉親がなくなるというのはこんなことなんだという

衝撃。地に足が付いてなくて、当時住んでいたマンションのベランダから

落ちてもおかしくない・・と思っていました。

それに、そのニュースを聞いたのはちょうど、10ヶ月の長女に

朝食を食べさせているところで、ほとんど食べない娘を叱りながら

四苦八苦しているとき。

その電話を受け取った後は、もう子供が食べる食べないはどうでも

いいことになり、泣きながら食べた朝食は、本当に「砂を噛む」ように

砂の味がしました。

 

もう会えない。もう話ができないと思うだけで、胸が苦しくなる。

そんな時に貪るように死についての本を読んでいました。

特にキューブラー・ロスの「死ぬ瞬間」それからホイットン博士の「輪廻転生」

それで、

過去世で一緒にいたし、未来世でも会える

と思えるようになり、なんとか心が落ち着いていきました。

それから6年後、ちょうど彼の7回忌が終わってから、

また大事な人が、同じように事故で即死・・・

今回は砂を噛むことはなかったのですが、

なんで死んだのか?

私があの時電話していれば・・・・とか、

あの時~言っていれば運命は変わっていたのではないのか・・

という後悔がたくさんでてきました。

今回も事故で即死だったので、どうすれば防げたのだろうかという思いが

たくさんあったのですが、ご病気でなくなられた方であっても、

どうやったらよかったのか。あの選択した治療法は間違っていたのではないか。

という後悔が出てくるのだと思います。

そして、このときもいろんな本をむさぼるように読みました。

そのときに救われたのが、ある本にあった

生きるべき人は奇跡的に助かるし、

死ぬべき人は不幸な偶然が重なって死ぬ

という言葉。

そうなんだ。私たちがどうやっても、死ぬべき人は死ぬ運命だったんだ。

と受け入れられるようになりました。

良寛和尚のお言葉にも

死ぬる時節には死ぬがよく候

というのがあります。

二人の死をそうやって受け入れられるようになったとき、

次に逢えるときまでの時間を自分なりに楽しんでいこうと

だんだんと思えるようになりました。

 

家族でも、友人でも、そして自分自身でも、人がいつどこで

この世を終えるかはわかりません。

二人が死ぬ前は、次にあったらとか、来年は・・・などと思っていました。

だからこそ、いま、この瞬間を自分の心に従うことを大事にしていきたいと

思っています。

 

 

2017年大事にしたいこと

 

あけましておめでとうございます(^ ^)

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

まだお正月休みで時間が十分な方もいらっしゃると思いますが、

今年はどんな年にされたいですか?

昨年末に読んでいた「7つの習慣」の続編

「7つの習慣最優先事項」には、毎日の生活で何を優先すべきか

について書かれていました。

私の時間管理術でもお伝えしていたのですが、To Do Listは、

・緊急で重要なもの

・緊急ではないが重要なもの

・緊急だが重要でないもの

・緊急でなく重要でもないもの

の4つに分けられます。

そのうち、私たちが多くの時間を割いているのが、

・緊急で重要なもの

です。当然ですが、こればかりだとストレスもたまるし、

やりたいことがいつまでたってもできません。

このカテゴリーに入るのは、例えば、

   仕 事

でも、「仕事で忙しいから家族は後回し」では、いつまでたっても

家族との幸せな時間は持てないし、

趣味ややりたいことはあるけど、今は無理」だと、

現役中は仕事漬けで、定年になったら何をしたらいいかわからず、

地域の人間関係も築けていなくて、引きこもってしまうかもしれません。

でも、そもそも、一般的な風潮として、「仕事で忙しい」もしくは

お金になることで忙しい」ことが一種のステイタスとなっているので、

お金にならない趣味 や 家族と楽しい時間を過ごす

と、「暇でいいね」と言われたり、「仕事がない人=ダメな人

と思われてしまうこともあるんですよね。

ですが、世間の評価ではなく、

本当に自分が大事にしたいことや、

将来を見据えて今やっておくべきこと

を大切にすることで、今の満足や幸福感にも繋がるし、

将来の生活を充実させることに繋がります 😀

今年はぜひ、ご自分の大事にしたいものを優先させる

一年にしましょう!

 

自分の葬儀でなんと言って欲しい?

今更ながら・・・「7つの習慣」を読んでいます。

 

その中で、これは!と思ったのが、

自分の葬儀で、参列者から何と言って欲しいか。

今、いろんな勉強や活動をしていて、

あまりたくさんの方からは興味を持たれていないな。

とか、

これって、マイナーな感じだけど・・・

と思うことがあるのですが、自分の葬儀を考えたとき、

少数の方かもしれないけれど、

あの人に会えて良かった。いろんなことを知らせてくれてよかった。

と言ってもらう方が、

たくさんの人に注目されてたよね。

とか、

すっごく事業が繁盛してたよね。

と言われるよりも嬉しいなと思ったのです。

それに気づけたとき、たくさんの方に支持されていて、

目立った活動をされている方が目につきがちで、どうしても

比べてしまうこともあるのですが、私は私で、少数の方にでも

そんな風に思っていただければ、万人受けするよりも本望だな〜

思いました。

こうやって、長い目で見て、本当に自分が望むことを考えてみると、

目の前のことに右往左往する必要がなくなって、ブレずに進んでいけそうです(*^^*)

ところで、あなたは、葬儀で何と言ってもらいたいですか?